接触感染と各疾患名

一概に性感染症と言っても、その経路はそれぞれの疾患により異なります。
いずれにしても、接触が基本されていますので、空気中の感染は現時点では確認できていません。

また、性病以外の感染症や肝炎には、発生するまでの経路以外にも、種類があります。
ウイルス関連で、単純ヘルペスウイルスによる性器ヘルペスや尖圭コンジローマ、ヒト乳頭腫ウイルスの子宮頸癌です。
その他、B型肝炎、HIV、 成人T細胞白血病、 サイトメガロウイルス感染症、伝染性軟属腫があります。
C型肝炎も含まれますが、STDの定義に該当するかは、議論がある様です。

細菌関連では、梅毒、淋菌感染症、軟性下疳で、真菌は、性器と口腔カンジダ症、白癬が該当します。
クラミジアに関しては、性器クラミジア感染症、鼠径リンパ肉芽腫の二つです。
最後に、寄生虫に至っては原虫、トリコモナス原虫による感染症、アメーバ赤痢、毛じらみ症と疥癬です。

発症しても具体的な症状が、出ない人も多い為に、パートナーにもうつしているケースが考えられます。
検査をする際は、同時期に行って、治療を受ける事を勧めています。
診察にかかる費用や、薬代、検査料金は疾患により異なりますので、確認をお願します。

△PAGE TOP